住宅ローンと上手に付き合う方法

住宅の購入は人生で一番の買い物で、何時もローンで買い物をしない方も家だけはローンで買うという方が殆どではないでしょうか?住宅ローンの特徴として、支払い期間が20年、30年などの長期に亘る事と、借入する元金に対する利息の額が大きいことが挙げられます。
そうした意味ではローンの支払期間を如何に短くするか、利息を軽減することで支払総額を如何に少なくするかが住宅ローンとの上手な付き合いと言えるようです。
1.頭金を多く入れる
借入の元金の額を減らすことで、利息の額を減らすことが出来ます。土地と住宅の建築で4000万円ほどの物件で、借入期間が35年ともなると数千万円単位の利息になるので、頭金を多く入れるのは重要になります。
2.繰り上げ返済を行う
繰り上げ返済とは返済の途中において当初の予定金額より多く返済して、元金を減らす返済です。返済期間を短縮する返済期間短縮型と月々の支払額を減らす返済額軽減型がありますが、返済期間短縮型で行うと繰上げ返済した元金に相当する期間が返済期間から短縮され利息の軽減効果があります。
以上2つの事を頭に入れて住宅ローンと上手に付き合いたいですね。